光のむこう側で待ってる−4

【 光のむこう側で待ってる 】 (刀剣乱舞・みつくり 転生現パロ)
  (1)--(2)--(3)--(4)

※ 画像クリックで大きくなります。
















こんばんは。
心じくじく膿ませたがる芸人・スズキです。

          *   *   *

大倶利伽羅くんが、極になってもどってきてくれました。

(ノД`)・゜・。アーーーーーー!!!

懸案事項をすべてクリアした完璧な大倶利伽羅様でした。
ありがとうありがとう……。
審神者(※わたし)のことはガンガン利用してほしい。
ストイックな君がSUKI……(*ノωノ)

審神者のために戦う
じゃなくって、
強くなりたい」→「一人では戦場に出られない」→「審神者の力が必要
っていう、完全に理論で結論出してきたのたまらんかったです。

台詞がことごとく「言葉選びが優しくなってる…」っていう変化で、
通常伽羅ちゃんと極伽羅ちゃんを比較するのがとても楽しかったです。
二周年ボイスぐっとくるわこんなもの……。

※通常伽羅ちゃん「就任二周年か……。だからといって俺に言うことを聞かせられると思うなよ
 極伽羅ちゃん「就任二周年か……ああ。あんたもまともな戦略を立てられるようになったんだろ?

これつまり、「実績が伴う主でなければついては行かない」、
って意味だったんですね! 二年間なにも成長してないなら認めないぞ、と。
だいたいのセリフは「またまたぁ…そんなこと言って実はこう思ってるんでしょ☆」
って解釈してたものを極化でほんわり伝えてくれるようになったんですけれども、
この就任二周年ボイスは想定外だった……さにわうれしい……。

衣装についてはだいぶびっくらこいたんですが、
もうあの、超攻撃力高そうな防具……
伽羅ちゃんが「強くなって帰ってくる」っていうからには、
なんとなくわかりやすい強さを身に着けてくる気はしていたので、
攻撃力か防御力かどちらかが高まりそうな衣装になるのかなとは思ってましたが、
まさか防具の攻撃力が高いだなんて……想定外……。

          *   *   *

来週末……というか次の土日は出勤なので更新ないです。
そしてその数日後にはらぶフェスですよ……ヒィ……
大倶利伽羅クラスタは死ぬと評判のようなので潔く死んできます!
ミュ伽羅さんほんと大倶利伽羅がすぎる……
役者さんご自身がめっちゃくちゃ挙動言動が可愛すぎるお方なので
余計に沼が深くて抜け出せません。 ありがとうございます。

はぁ〜〜〜…… 好 き ………(大の字)

光のむこう側で待ってる−3

【 光のむこう側で待ってる 】 (刀剣乱舞・みつくり 転生現パロ)
  (1)--(2)--(3)

※ 画像クリックで大きくなります。





















          *   *   *

一気に10ページを更新するという正気を失った腐女の暴挙。
すでに20ページを超えているので、正直、
「お前もうこれ同人誌にすりゃあよかっただろ……」
って感じではあるのですが、
今後の同人イベント参加の見通しが立っていないので、
WEBにでも放流しないとどうしようもなかったのです。

ただ、twitterだとほかの方のタイムラインにお邪魔をしてしまうので、
それだけがひたすらに心苦しい……。

もし苦情が出たら全編ブログ更新とかにするつもりです。
(中断はしないところがいかにもスズキ)

          *   *   *

っていうか! あの!

大倶利伽羅くん・極   が!

ついに来てしまうんですがどうしたら!!?!?

努めて平静を装ってはいますが内心まったく穏やかではないというか
東宝映画のオープニングのごとき荒波がガッシャンガッシャン
私の心の岸壁に打ち付けているのですが!!?!?

シルエットはすでに公開をされていて、
見る感じ腰布がログアウトしていて悲しみ全開なのですが(ひらみィィィィ!)
でもそれは倶利伽羅くんが倶利伽羅くんでいてくれれば全然問題ないの私の中では。

問題は、彼が、お手紙で、なにを書いてくるかと、
あと、極になったあとに、言動に変化があるかどうか、です。

とりあえず、自分のブログなので問題ないだろう、という判断で、
続きに思いのたけをつらつらと書いてみますね。
あまり愉快ではないことを言っている可能性もありますので、
閲覧は自己責任でよろしくお願いいたします。
Read More...

「光のむこうがわで待ってる」−2

【 光のむこう側で待ってる 】 (刀剣乱舞・みつくり 転生現パロ)
  (1)--(2)

※ 画像クリックで大きくなります。











更新二回目。

やっとクリスタと仲良くなれてきた気はするんですが、
毎度毎度のこと過ぎて自分でも落胆加減がすごい。
レイヤーの順序を間違って、重ね塗りしたレイヤーに倶利伽羅龍が食われてます…(;´Д`)
結合失敗してるのに、だいたい投稿してから気付くのが、も〜;;

          *   *   *

業務連絡ですー!

とらのあなさんに委託をお願いしていた、
「あんたが俺を愛するように、俺もあんたを愛してみたい」
数日前に完売していたようです。
手元に在庫は残しておりませんので、これにて頒布終了となりますっ。

お手に取ってくださった方、興味を持ってくださった方、
ありがとうございました〜〜!!!

だいっっっぶ乙女チッ倶利伽羅だったんですが、
描いててたいそう楽しかったです(私が)!

こう、格好いい人やしっかりした人が、惚れた相手の前になると
途端に調子を狂わせてしまったりですとか、逆に、
可愛くって守ってあげたくなるような子が、惚れた相手を助けるために
ものすっごい行動力を見せたりするのに弱いもので…(=゚ω゚)+

あ、ちなみに「ダテボタ」のほうはまだもう少し残ってるようです!

来月の楽しみを抱いて戦う。

スズキのくじ運のなさはご存知の通り(?)ですが、
友人様の素晴らしきくじ運のおかげで、無事、
らぶふぇす参加できそうです! ライビュですけど!
というわけで、来月20日が楽しみで仕方ないスズキです。

でも、同時に、来月20日でみほとせ隊ともお別れなんだと思ったら、
嬉しさと同時にどうしようもない喪失感も襲ってくるわけで……。
みほとせ隊が好きすぎるんだ……あの家族感がほんと好き……好き……。。

上映開始と同時に泣いていたらどうしよう。

っていう冗談が、私の場合冗談で済まない可能性があるから、とてもやばい。

意地でも有休を確保しなくてはなりません。

有休を確保といえば。
来年1月にはついに九州に大倶利伽羅(ご本体)がお越しになると聞き、
ぜっっっったいに見に行くべくこちらも有休を調整しているところです。
これを逃したらもうご本体に会うことはできないんじゃないかって気がする……。。

ところでこの公開の時期に職場全体の飲み会が開催されるんですが、
いい笑顔で欠席を突き付けてきました。
たぶんあとで不参加の理由を答えなさいって尋問があるんですけど、
誰と馴れ合うかは俺が決める、と、言いたい。(言えない)
なにが悲しくて底辺社員のために動いてくれない上司たちを
楽しませるために底辺社員がワッショイワッショイしなきゃならんのよ。
親睦深めたいのなら親睦深めたいと思われる職場作ってからにして。
と、言いたい。(言えない)

          *   *   *



ところで漫画。
背景描けなさ過ぎて死にそうになってます。
美術の成績2だったって言ってるじゃないですかーーもー!!!;;

「光のむこう側で待ってる」−1

とうらぶ・みつくり。 現代転生ものパロディ。
っていうジャンル分けでいいんでしょうか……
パロディ慣れてないからとても手探り!

というわけで、今週から毎週日曜の予定で、
少しずつ漫画を更新していくつもりですっ。

今回更新分含め、
二度ほど刀剣破壊要素があるんですが、
あんまり残酷な感じではないというか、
二度目の刀剣破壊に関してはだいぶさわやか(※スズキ比)なので
たぶんさらっと読み飛ばせるかなって思ってます。 ……思ってます。(二度)

※画像クリックで拡大します。













今回更新分ではまだ明示されてませんが、
この本丸の審神者の特殊な力は、
「刀剣男士の誉の累積数に応じて、破壊後望む時代に転生させることができる」
というもので、完全に「破壊されること」が前提となった特殊能力。

花丸のように歴史にピンポイントで介入できるわけでも、
活撃のように審神者が時代を跳べるわけでもなく、
たとえば超強運でレア刀ガンガンゲットできる本丸とか、
資産たっぷりで万屋使い放題の本丸とかに比べたら、
圧倒的に戦力が劣ってしまう。
そういう本丸に顕現した燭台切光忠が、
別の時代に転生した大倶利伽羅(刀時代の記憶無し)と接触し、
かつては恋仲だった少年と交流を深めていく、というお話です。
倶利伽羅くんは純粋にショタ。(ただしどこか冷めてる)

タイトルはめっちゃ悩んだのですが、
「光のむこう側で待ってる」、としました。
この「光」がなんなのか、光忠さんの言葉の意味とは、っていうのは
最後に判明する……予定です。(いつもの分かりにくいすー子漫画です)

ところでこれ、確実に年内に完結しない計算で詰んでます。
年賀状とかどうするの。 どうしよう。